遊芽屋徒然

おもちゃコンサルタントがお送りする子育て&おもちゃ徒然記録です♪
スポンサーサイト
この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。
| スポンサードリンク | - | | - | - |
☆HAPPY NEW YEAR☆
あけまして おめでとうございます

今年も よろしくお願いいたします


2011年、今年もまた楽しく笑いの多い一年としていきたいと思います。
おもちゃの活動も少しになっておりますが、その少しを大切にしていきたいと思います。
昨年からご一緒させていただいているサークルさんのおもちゃで遊ぶ活動が、1月2月3月と続いてあるので、そちらも楽しんでいきたいと思います!!!

今年も、おもちゃを通じて、沢山の方々にお会いできることを、心から楽しみにしております。一年、よろしくお願いいたします♪
| ゆめ吉 | - | 00:30 | - | - |
クリスマスを楽しもう♪
 ハロウィンムード真っ最中な世間ではありますが
遊芽屋では、クリスマスムードに突入です♪

今年も、アドヴェントカレンダーが入荷し
お店にもクリスマスのオーナメントなども飾られました。
今年のアドヴェントカレンダーは種類をまた増やし新しいデザインも入荷しました。

***

クリスマスクロック(Φ41cm 2,415円)

大き目なので、お部屋のどこからみても楽しめること間違いナシ!です。
アドヴェントを楽しむのと一緒に時計の針を動かす楽しみもプラス♪されちゃいます。

***

フラウエン教会(35×26cm 420円)

去年大人気だった『ノイシュバーンシュタイン』と同じ雰囲気の絵柄になります。
(ノイシュバーンシュタインは今年も入荷しております♪)
細かいタッチなのでサンタさんはどこ?!と思われるかとは思いますが
全体的にクリスマスの町の様子が楽しめます。


****

クリスマスキャッスル(60×21cm 819円)

一昨年一番人気のあった『クリスマスキャッスル』再入荷しました。
お子さんだけでなく、おとなの方にも落ち着いた絵柄が喜ばれております。
縦長の面白い形でまるでツリーの飾り付けをしていくかのように、
窓を開いていく楽しみがあります

***

キンダーキャッスル(35×26cm 420円)

今年、入荷のアドヴェントカレンダーの中で
私が一番のお気に入りのカレンダーです。
まるでお菓子の家のようなお城のかわいらしさが
クリスマスへのワクワク感をよりふくらませてくれます♪

***

他にもアドヴェントカレンダーやオーナメントはございますので
是非、お店に遊びにいらしてください!!

| ゆめ吉 | おもちゃ屋 遊芽屋 | 11:40 | - | - |
こまーむさん
 9日(月)に、埼玉のこまーむさんのところへ伺いました。
こまーむさんといえば、遊芽屋でも人気の『どんぐりセット』の作り手さんです。


“ほんわか”という言葉がピッタリのデザインのおもちゃの多いこまーむさんの中で、私のお気に入りは『Tuminy』という乗り物のおもちゃです。トラックとしても面白いのですが、倉庫(?)にトラックの荷台を入れると、あら不思議!積み木の荷物がトラックに載っているのです。
これが楽しくて黙々とやり続けてしまっている私がおります。


おもちゃには、ワイワイ楽しむものと静かに楽しむものがあるのですが、どちらかといえば私は静かに楽しむものが好きなのだなぁ〜とTuminyで遊びながら、しみじみ感じました。
| ゆめ吉 | - | 22:22 | - | - |
平和
 8月4日〜6日まで広島へ行きました。
広島では、初めて似島へ行きました。
今回、似島の存在を初めて知ったのですが、似島は「加害の島」であり、「被害の島」でもあり、戦争の跡を見たり感じたりすることができました。

そして改めで感じました。

戦争はいらない・・・・
核兵器はいらない・・・・


最終日には歴史的な式典を遠巻きながら参加することができ、色々と考えさせられる3日間を過ごしました。

| ゆめ吉 | - | 22:11 | - | - |
めでたしめでたし
 さーちゃんは、最近自分で長めの物語を読みます。
文は大体の流れはあっているもののめちゃくちゃ。自分が耳で聞いている話を絵に合わせてお話を作っているという感じでした。その様子を見ながら、不思議だなぁ・・・と思う私です。

特に『ももたろう』と『三匹のかわいいオオカミ』の話しは最近のお気に入りらしく、ごにょごにょとナレーターをしながら読んでいます。今日は、御風呂に入りながら、ももたろうを私に話してくれました。カラスのシーンまでキチンと再現してくれて最後の『めでたしめでたし』と言い終わった時には、満面の笑みを見せてくれたさーちゃんでした。

| ゆめ吉 | - | 22:34 | - | - |
おもちゃコンサルタント・マスター☆
 2月6日に引き続き、本日2月11日、吉祥寺の武蔵野公会堂で行われた吉祥寺おもちゃ図書館準備室さん主催のおもちゃインストラクター養成講座に、おもちゃコンサルタント・マスターの実習のために参加をさせていただきました。
講座講師は、おもちゃコンサルタント・マスター武田真理恵さん
ラッピングコーディネーターもされている、とてもパワフルで元気な方です♪

今回、二回目の実習で講座講師も一コマさせていただいた前回。
自分の物の伝え方のヘタレっぷりにうなだれていたのですが、今回は気分も新たに楽しむぞ!という気持ちで参加したこともあったり、とても一体感のある講座だったりしたこともあり、楽しい一日となりました。

そしてそして、ついにおもちゃコンサルタント・マスターの認定をいただきました。(ワーイ)

講座を受けようと思いながら、なかなか受ける機会が作れなかった4年間(長かったなぁ・・・)
これからどういうことができるのか?はたまたできないのか?サッパリわからないのですが、それでも折角取得した資格なのだから、十二分に活かしていきたいと思います!



| ゆめ吉 | おもちゃコンサルタント | 22:14 | comments(13) | - |
おもちゃコンサルタントマスター実習その2
 2月6日。
とても風が強かった土曜日に、武蔵野公会堂で開催された「吉祥寺おもちゃ図書館準備室」様主催『おもちゃインストラクター講座』に、実習の二回目としてアシスタント参加をさせていただきました。
実習の二回目は、手作りおもちゃの講師もするとの事。
久々とはいえ、以前はおもちゃの広場や保育園、ママさんサークルで手作りおもちゃ講師をしていたのだから何とかできるだろう・・・と思っていた私でした。




っが・・・・・・・・・・・



現実は、甘くなかったです。
もちろん、軽い気持ちで挑んだわけではありません。大きめな見本を作ってみたり、作り方を予習してみたりしていたのですが、予想以上に言葉が出てこなかったのです。きっと、緊張もあったのだとは思うけれど、手品カードの帯を貼るところの説明、ふしぎな生き物の帯の太さ長さの説明、他もろもろ。私って、こんなに説明ベタだったんだ?!と、自分の状況に驚いたり反省したり凹んだりしました。


とはいえ、凹んでばかりでは、成長できない!!!という事で、自分の反省点を次には改善できるようにしていきたいと思います。
次は2月11日!!がんばるぞ!
| ゆめ吉 | おもちゃコンサルタント | 21:06 | comments(0) | - |
おもちゃコンサルタントマスター実習その1
昨年の6月(?その辺の記憶もあやふや)に講座を受けたおもちゃコンサルタントマスターの実習一回目に、やっといくことができました。
おもちゃ美術館がある、四谷ひろばの一室(元四谷第四小学校の教室)で開催されたおもちゃインストラクター講座に実習生として参加してきました。
今回の講師の先生は、山口裕美子さん
どういう所に気をつけているのかな?どういう言葉掛けに配慮しているのかな?作るときにどうしていったらいいのかな?等々、実際の様子を見たり後で話しを聞いたりしていたのですが、2回目の実習では実際におもちゃを教えるとの事。子育て支援の現場や、保育園などでは経験があるものの、久しぶりだし緊張しそうだわ・・・と、今からビクビクしていたりします(苦笑)

とはいえ、久々のおもちゃコンサルタントとしての活動。
楽しかったし、おもちゃコンサルタントマスター同期の方とも久しぶりにお会いできて、少しでもお話もできて、それも楽しかったりもしました!!

次回は2月の6日11日の予定。
どうなることやらやら・・・。
| ゆめ吉 | おもちゃコンサルタント | 22:37 | comments(0) | - |
遊芽屋のこと
 今現在、父が「遊芽屋のおやじ」として、遊芽屋の経営を取り仕切っているのですが、その父の様子を見ていて、つくづく思うことがあります。
それは、「人間とは考えて行動していくことを忘れてはいけない」という事です。

齢60になる父にとって、エンドユーザーとの関わりのある仕事はあまり経験がなく、それまでの営業の経験を活かしているけれども、まだまだお客様との距離感など難しいものがあるという話も時々します。
しかし、私は考えても行動してこなかった「パンフレット」「外部営業活動」は、今までの経験があるからこそできることなのだろうなと思うことが多々あります。(あとは意気込み?!)

今までとは違う遊芽屋の形。
新しい遊芽屋の形。

父の手と経験と知恵と行動力から生まれていく、これからの遊芽屋がとても楽しみでなりません。
遊芽屋店舗
↑ 写真は遊芽屋店舗入り口です ↑
| ゆめ吉 | おもちゃ屋 遊芽屋 | 00:13 | comments(0) | - |
おもちゃ遊見録001 『クーゲルバーン・・・シロフォン玉の塔・・・』
 「百聞は一見に如かず」と先人はおっしゃいました。
その物事について百回聞くことは、その物事自体を一回見ることに及ばない
ということなのですが、おもちゃに関して言えば
百回見るよりも、一回遊ぶのに限る!と思っております。
(え?当たり前?今更ですか??)

という事で、私や我が家のこども達が遊んだおもちゃの記録を
「おもちゃ遊見録」として残していこう!!と思います♪


なーーーんて、実はこの案は
私自身が、遊芽屋を経営していたときから考えていたこと。
考えておきながら、行動に移さなかったことは本当にダメですね。
反省を活かすために、今年からはチョコチョコと記録していきたいと思います。

さて、その第一回のおもちゃは・・・・
何にしようか考えたのですが、
私が初めてこどもに購入した木のおもちゃにしたいと思います。

それが↓こちら↓の『クーゲルバーン・・・シロフォン玉の塔・・・(ベック社)』です。

クーゲルバーン大(ベック社)
小さな玉を転がすと、心地良い音とともに最後のシロフォンの音が
とーーーーーっても癒されます。初めてこのおもちゃで遊んだ方の多くが
最後の音を聞いて・・・ニコッとされる。そんなおもちゃです。
付属の玉は小さいものが50個大きいものが1個。
この大きな玉は、レーンの途中にある穴にはまったく入りません。
どぅねじこもうとしても、入る気配すらありません。
何故、そんな大きい玉がついているのか???
不思議かもしれませんが、その不思議を解くのは自分次第という事に!!

おもちゃの上にある小さな穴から玉を落とすのは
小さいお子さんは、少し難しいものです。
別に上の穴から入れなきゃいけないわけでもないし、
お子さんが好きなところから、好きなように玉を転がすのを
楽しまれるのが良いと私は思っております。
(時々「ほら!ここから入れるのよ!ほら、この穴から!!」と
 お子さんに言っている保護者の方がいたのですが、
 「そこじゃなくても、大丈夫ですよ・・・どこからでも良いのですから」と
 伝えられるようになるまで、実は結構かかった小心者の私です(苦笑))

このおもちゃは、おねえちゃんが赤ちゃんの頃から遊んでいます。
今、彼女は12歳。もう12年にもなる代物ですが
時々玉が転がりにくくなる以外は壊れることもなく
(転がりにくくなった時は、キチンと拭いてあげたり、蝋を塗るようにしております)
今まで遊んでおります。もちろん下の子のお気に入り!!
・・・・だったのですが、実は今は遊芽屋の店舗の方にて遊び用においてあります。

『木のおもちゃは、こどもから孫へ〜思い出とともに受け継ぐことができるもの』

まさに、それを体感中の私は、このおもちゃを大切に大切に
たくさん遊んで遊びまくって、孫との遊びにも使う気でいるのです(*^−^*)
| ゆめ吉 | おもちゃ遊見録 | 23:55 | comments(0) | - |

一番上へ